峻岳の詩吟うん

 

7言絶句  「九月十日」と 菅原道真



 九月十日  菅原道真

 去年の今夜 清涼に 待す
 秋思の詩篇 獨り 斷腸
 恩賜の御衣 今 此こに在り
 捧持して 毎日 餘香を拝す

   【詩形】 七言絶句
   【脚韻】 涼・腸・香  平水韻(下平七陽)


【語 釈】
   九月十日  9月9日の重陽の節句の翌日、当時宮中では重陽後朝の宴が催された。
   清  涼  清涼殿、天使のいつも居られる宮殿
   秋思詩篇  「秋思」という勅題で作った詩、この作品は、去年の九月十日と
         今日の九月十日とを比べ、その違いの大きさを詠っている
   独       作者(菅原道眞を指す)ここでは自分ひとりで昨年に比べて非常に
         寂しい気持ちを表している
   断  腸  非常に悲しい、はらわたがちぎれるほどに切なく悲しい
   恩  賜  帝から頂いたもの
   捧  持  捧げ持つ
   余  香  残っている香り

【作 者】菅原 道真(すがわら みちざね)

   平安初期の公卿。学者。承和12年(845年)~ 延喜3年(903年)。
   本名は三。幼名阿呼。菅公と称された。若年で詩歌を作り始め、神童の誉れ高く、
   やがて文章博士にまでなる。
   宇田・醍醐の両朝に仕え昌泰2年に右大臣になったが、延喜元年(901年)、藤原時平
   の中傷により大宰権帥に左遷され、その地で亡くなる。
   後に、学問の神「天満天神」として崇められる。遣唐使の廃止や、国風文化の振興に
   努める。
   この詩作の後、二年後に世を去る。

【詩の心】
 
 去年の今夜、去年の九月十日の重陽後朝の宴では、清涼殿で帝のお側近くにはべっていた。
 その宮中の宴では、「秋思」という詩題で、歌を詠み帝に褒められ、その上褒美として
 「恩賜の御衣」を賜ったが、それから一年経った後の、今日9月10日は遠く九州の大宰府に
 流布され、腸がちぎれるほどの非常な悲しみになって、去年の都での宴を思い起こしている。
 
 起句では、昨年の京都の部分の描写であり、転句の3句目からは、一年後の太宰府での情景
 となり、気持ちが切り替わっている。

 「秋思詩篇」は、京都時代のことであるが、太宰府で回想しているわけである。
 「獨斷腸」は、間違いなく現在の感情であり、
 「恩賜御衣今在此 捧持毎日拜餘香」は、今年の9月10日、太宰府での遥かに京都を偲んだ
 気持ちである。
 詩作の褒美として帝から賜ったお召し物は、今もここにあって、京都から遠い大宰府に流布
 されている情況にあっても旧恩を忘れていないということ。
 そして、毎日、残り香をかぎながら、帝の恩恵を思い起こしている。
 「餘香」は、後に残った香。うつり香。残り香。具体的には衣類に香を焚きしめた残り香を
 指す、それと併せて、恵みの名残の意で、余芳、余薫、余馨の意がある。
 
 ここでは、双方の意がある。


      結句に現れている、道眞の忠誠心を心から吟じてみたい
  譜 面 
 (メディアプレイヤーで再生)  


**********************
◎ 構成について

韻式は「AAA」。韻脚は「涼腸香」で、平水韻下平七陽。次の平仄はこの作品のもの。「秋思」の「思」の部分は●になるべきところだが、「秋思」は勅題のため、変更できない故。


 ●○○●●○○,(韻)
 ○○○○●●○。(韻)
 ○●●○○●●,   
 ●○●●●○○。(韻)
 







   

SINCE January 2009
  upgrade Nov 2017