峻岳の詩吟うん

   
 

7言絶句  「平泉懐古」と 大槻 磐渓



      平泉懐古  大槻 磐渓

三世の豪華 帝京に擬す
 朱楼碧殿 雲に接して長し
只今 唯 東山の月のみ有りて
 来り照らす 当年の金色堂

〔詩形〕 七言絶句
〔脚韻〕  長・堂

【語釈】

  平 泉   : 岩手県南部の地名、奥州藤原氏の根拠地。
  三 世   : 藤原氏三代、清衡(きよひら)、基衡(もとひら)、秀衡(ひでひら)
  擬帝京   : 天使の都ともいえそうである。
  朱楼碧殿 : 朱色の楼閣とみどり色をした御殿。中尊寺建立以来、堂塔や僧坊が
           次々と建てられ、その数合わせ三百、豪華を極めたという。
  只 今   : 現在、 李白「蘇台覧古」詩に「只今惟有西江月と、また、
          「越中懐古」 詩に「只今惟有り蝦蛄飛」とある。
  当 年   : そのむかし。
  金色堂  : 平泉駅の西方2キロメートル、平泉中尊寺の金色堂を指す。
          1124年(天仁二年)清衡が創建し、阿弥陀如来を本尊として金箔、螺鈿に飾られ
          藤原三体の遺体が安置されていた。
          平等院鳳凰堂と共に平安時代の浄土教建築の代表例であり、
          当代の技術を集めたものとして国宝に指定されている。
          現在も、藤原三大の栄華を示すものとして覆い屋の中に保管されており、中尊寺の
          一仏塔 光堂ともいう。 芭蕉の句に「五月雨の降り残してや金色堂」

【通釈】

  藤原氏三代の極めた栄華は、まさに京の都にもなぞらえる。
  その平泉の紅い楼閣や碧の御殿は、空の雲にも達せんばかりにそびえて連なっていた。
  しかし、今ではもうその昔のおもかげもすっかり失せて、ただ東山に上る月だけが、昔の栄華を
  しのばせる金色堂をむなしく照らしている。

 【参考】
  李白の「蘇台覧古」、「越中懐古」詩を背景に、栄華に奢った藤原三代の末路を、呉王夫差や
  越王勾践のたどった運命と重ねて感慨を述べた詩である。
  平泉はのちに、源義経をかくまったとの理由で、鎌倉の大群によって滅ぼされた。
  この時、鎌倉では「倹は存し、奢は滅ぶ」と評されたという。

【作者】
  大槻 磐渓(おおつき ばんけい:1801(享和元年ー明治11年)
【略歴】
  陸前(宮城県)の人、名は清崇、字は士広、磐渓は号。
  江戸時代後期から幕末にかけて活躍した漢学者。文章家としても名高い。
  仙台藩の藩校、養賢堂学頭であった磐渓は、ペリー渡来時には開国説を建議するなど、  幕末期の仙台藩論客として奥羽越列藩同盟の結成に走り、戊辰戦争後は戦犯として謹慎  幽閉された。
  著に「近代史談」などがある。


藤原氏三代の栄枯盛衰の感慨にふけり、静かに吟じたい。








   

SINCE January 2009
  upgrade Nov 2017