峻岳の詩吟うん

 

5言絶句  「芙蓉峰を望む」と秋山玉山



      芙蓉峰を望む  秋山玉山

 
亭 崑崙の雪を掬し
   之を 扶桑の東に置く
 突兀たり 五千仞
   芙蓉 碧空に挿む

〔詩形〕五言絶句

【語釈】
  帝  :天帝。天の神様
  崑崙 :中国、古代神話上の山。霊魂の山の意。
      中国の古代信仰では神霊は聖山によって天にのぼると
      信じられていたが、崑崙山は最も神聖な山で大地の
      両極にあるとされた。
      また黄河がここに源を発するとされていた。
  掬  :両手ですくい取る
  扶桑 :中国の伝説に、東方の日の出る所にあるという神木。
      中国東方にある国。日本国の異称。扶桑国。
  突兀 :山などの険しくそびえ、高く突き出したさま。
  芙蓉 :蓮の花の形に似た山。富士山の異称。
  五千仞:「仞」は人が両手を広げた長さ(ひろ)。
   

 秋山 玉山[1702(元禄15年) - 1763(宝暦13年)]

  江戸中期熊本藩の儒者。名は定政・儀。字は子羽(しう)。号は玉山・青柯(せいか)。
 十代で儒学・禅学を学び、その後江戸で林 鳳岡(はやし ほうこう)に師事し研鑽を積む。
 肥後に帰って藩校時習館(じしゅうかん)の設立に尽力、初代の提学(教授)となる。
 服部南郭、高野蘭亭らと交遊があった。詩人としては一字一句をおろそかにせず推敲を重ね、
 特に五言絶句を得意とした。
 頼山陽も新井白石・祇園南海・梁田蛻巌・秋山玉山を「正徳期の四大詩人」と推奨している。
 
著書に『校正墨子全集』『玉山先生詩集』。
                                       出典・『玉山先生詩集』巻5

標高3,776m、日本最高峰の独立峰でその優美な姿は世界遺産にも指定され、
日本国内はもとより、国外でも日本の象徴として広く知られている。
世界に誇る富士山(芙蓉峰)の高く凛としたその姿を力強く吟じてみたい。










   

SINCE January 2009
  upgrade Nov 2017