峻岳の詩吟うん

 

7言絶句  「三游洞に遊ぶ」と 蘇 軾



  三游洞に遊ぶ    蘇 軾
 
 凍雨霏霏として 半ば雪と成る
 游人屨冷ややかにして蒼苔滑らかなり
 辞せず被を携えて 巌底に眠ることを
 洞口 雲深くして夜月無し

   【詩形】 七言絶句
   【脚韻】 雪・滑・月


【語 釈】
   三 游 洞  今の湖北省宣昌市の西北にある鍾乳洞で、唐のは白居居が弟の行簡
(こうかん)
             と友人の元稹
(げんしん)とここに遊び『三游洞記』を作った。
   凍  雨  みぞれ。
   霏  霏  しきりに降るさま。
   游  人  旅人。ここでは蘇父子のこと。
   被     寝衣

【作 者】蘇 軾(そ しょく)

   北宋(1036-1101)眉山(四川省)の人、字は子瞻(しせん)、
   号は東坡。21歳のときに父洵に従って弟轍と共に上京し、
   翌年進士に及第して文名一時にあがった。
   中年以降は王安石の新法に反対したため二度も左遷され地方の
   知事を歴任、神宗に ・・・。
   父蘇洵(そじゅん)・弟蘇轍(そてつ)と共に三蘇と呼ばれ
   散文の大家として知られる。
   書画にも巧みであった。
   

【通 釈】

 降りしきるみぞれが何時しか雪に変り、くつもすっかり冷えきって苔むした岩の上は滑って
 思うように歩けない。
 唐の白居衣の故事を思い、寝衣を用意しているので洞内に眠ることも辞さないが、
 洞口には雲が深く垂れ込めている。
 もう、今夜の月は見られそうにない・・・
 
【三游洞について】
  
 
三游洞は中国湖北省の絶壁にある洞窟の名称。
 洞窟からの眺めが大変素晴らしいという。
 宜昌市から10kmの所にある。洞窟内の広さは約20m、
 奥行きは約30mで前後に部屋がある。
 唐代詩人の白居易、元微之、白行簡の3人がここを
 訪れ「前三遊」と呼び、
 宋代の文学者蘇洵、蘇軾、蘇轍、父子の3人もここを
 訪れ「後三遊」と呼ばれる。


   結句に現れている、「洞口 雲深くして夜月無し」に
   蘇軾の無念の想いを乗せて吟じたい
・・・

 







   

SINCE January 2009
  upgrade Nov 2017